表面のガラスだけが割れたiPhone

少しのひび割れ程度なら大丈夫?!

今や生活の必需品となっている人もいるiphoneなどのスマートフォンですが、毎日使うものだからこそ落としてしまったりどこかにぶつけたりすることがあると思います。ズボンの後ろのポケットに入れていて、うっかり押しつぶしてしまうこともあるかもしれません。こんな時、本体が大きく破損したり電源が入らなくなったりしたら、すぐにでも修理店にiphoeを持って行くでしょう。しかし、目立った破損は無いけれど表面のガラスが少し割れただけならば、わざわざ修理店に持って行かない人が多いようです。確かに表面ガラスが少し割れた程度ならば問題なく使用できることもありますし、見た目さえ気にしなければ操作に支障はないでしょう。しかし、少しのひび割れだと油断をしていたら大変なことになるかもしれません。

少しのひび割れでも油断は禁物!

iphoneの故障の多くの原因は、iphone本体の水没によって重要部分が濡れてしまうことによるものです。しかし、本体が水没しなくても重要部分が濡れてしまい、結果的故障に繋がることもあるのです。どのようにして濡れるかと言うと、iphoneの表面ガラスが割れた隙間から水滴や湿気が侵入してくるのです。本来、表面ガラスが通常通りならば、多少水がかかったり雨に濡れる程度では、本体内部まで水が侵入してくることはありません。少しぐらいのひび割れならば大丈夫と油断をしていると、大切なiphoneの故障に繋がる恐れがあります。表面ガラスが少しでも割れてしまったら、できるだけ早く修理店に持って行くことをおすすめします。

iphone5sの修理を行うのなら専門業者へ頼むとよいでしょう。専門的な知識や技術が必要なので何も知らずに分解するとショートや怪我をする恐れがあります。