少し水没したiPhoneの修理方法

修理するならそのままの状態で修理へ出そう

大切にしているつもりでもふとしたことから水没させてしまうこともあります。そんな時には修理へ持ち込むのが一番です。水没させてしまうと完全な復活は難しいものの、データが取り出せる事があるので便利です。ただ、気をつけたいのが電源を絶対に入れないことです。電源を入れてしまうとショートが起きてしまうだけでなく、取り出せるはずだったデータが失われてしまうという危険性もあるのです。また、中から水を出そうとして本体を振ったり傾けるなどすると、水が入っていなかった部分にまで浸水してしまうため、被害を一層広げてしまうので気をつけましょう。大切なのは、水没させてしまったら自分でなんとかしようとせずに速やかに修理へ持ち込むことです。

自分でなんとかできないの?

精密機器である以上、全く知識がない人が修理をしようとするのはリスクが高いです。パーツへの知識や電気回路など専門性があり、感電する危険性のあるものなので注意したいところです。回路が複雑でどれが何の役割を担っているパーツなのかを適切に判別できなければなりませんが、無理せずに修理業者を頼ると良いでしょう。また、水没させたからといってドライヤーで乾かす行為も危険です。一見、中の水を乾かしてしまえば復活が望めるのではと思いがちですが、ドライヤーの熱により内部の基盤やパーツなどを変形させてしまう可能性があります。そうなれば修理業者でも修復は難しいものとなりかねないのです。大切なデータはバックアップを取るなど事前に対策することも重要なのです。